大宮さくらクリニック 桜木町,宮町,大門町,大宮区,さいたま市,埼玉県 心療内科

ご挨拶

院長挨拶

最近は、景気後退・不況による仕事や家庭生活、人間関係の複雑化など、社会生活を送る上でのストレスが増えており、それに伴って抑うつ気分だけではなく、不安、意欲の減退とともに、様々な身体症状がみられる方々が増えています。
それらの症状は、心理的要因だけではなく、時にはホルモン異常、メタボリック症候群、更年期障害など、多くの身体の要因が関連していることもあり、精神的ケアだけではなく、内科的な検査も重要になってきます。
今回、私は大宮さくらクリニックを開くにあたって、心理的側面とともに内科的な検査も行なって、総合的に診断、治療を進めてゆきたいと思っております。
薬物療法については、必要最低用量の服薬を勧めることはありますが、それ以外に精神療法、心理士によるカウンセリング、認知行動療法などを組み合わせて、できるだけ早い症状の改善を目指してゆく所存です。
不眠症、不安障害、過敏性腸症候群、うつ病、躁うつ病、パニック障害、社会不安障害など、幅広く診察いたしますので、最近元気が出ない、集中力がない、人前で緊張が強い、急に心臓がドキドキする、対人関係で不安が強くなってしまった、といった症状でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

経歴

昭和58年金沢大学医学部。金沢大学大学院修了。
滋賀医大精神科助手
国立精神・神経センター武蔵病院医長
オーストリア・インスブルック大学薬理学研究所に留学
東京大学医学部精神神経科准教授
順天堂大学医学部メンタルクリニック准教授
宗仁会武蔵野病院院長 などを経て
平成24年6月より大宮さくらクリニック院長
精神保健指定医、精神科専門医、医学博士(精神医学一般、精神薬理学)。
順天堂大学医学部精神医学講座非常勤講師

院長 綱島 浩一

当院の紹介



更新日:2015-04-20